マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

トランプ大統領、日本の参院選後に為替圧力をかける目論見か

2019年7月19日 20:00

トランプ大統領の胸の内は(大阪G20サミット。Getty Images)

 トランプ大統領は、日本の参院選が終わるのを待っているのではないだろうか。思い起こすと、大阪G20の際、6月29日に米中首脳会談が開かれた。この米中首脳会談で交渉が決裂した場合に、米国は中国に対して追加の制裁関税を予定していた。

 しかし、米中は貿易に関する交渉を再開することで合意し、米国の追加の制裁関税は回避された。

 ただし、この時点で考えると、大阪G20の開催前と比べて、米中の状況は何も変わっていない。そのため、大阪G20が終われば、米国は手を緩めることなく中国に強い要求をするだろう、と予想していた。

 ところが、米中の貿易交渉での進捗は、これといって特に報道されていない。もちろん、中国が、米国の思い通りに従うとは考え難いので、交渉は延々と続くことになるのだろうが、貿易交渉に関する報道がほとんどないことに、不可解を覚える。

 そのため、冒頭に述べたように、トランプ大統領は、日本の参院選が終わるのを待っているのではないか、と推量する次第だ。

 さらに振り返ると、トランプ大統領は5月に国賓として来日した際のインタビューで、「8月に日米にとって良い発表ができるだろう。貿易不均衡を早期に解決したい」と述べている。この発言は、7月の参院選が終わるまでは日米の貿易交渉に関して猶予する旨、トランプ大統領が、約束したことを意味するのではないか。

 そして、いよいよ今週末(7月21日)に、参院選が控えている。大方の予想では、政権与党が改選過半数(63議席)を超える見通しだ。

 現在の外国為替市場では、この情勢を既に織り込んで、為替レートが成立している。つまり、現在の為替レートは政権与党の勝利が織り込まれている状態であり、政権与党が過半数を割り込む場合は、サプライズになる、ということだ。

「FX」関連記事

少額・簡単にFX自動売買を始められる「トライオートFX」を紹介
最新のFX自動売買を9選! 儲かる投資家の秘訣とは?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。