マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

過熱する米中貿易戦争の現在 トランプ劇場のシナリオの結末は

2019年8月28日 7:00

株価下落はトランプ大統領の再選に致命傷となる

 日本経済新聞は26日、「中国の劉鶴副首相が26日の重慶市内での講演で、米国との貿易戦争について“冷静な態度で問題を解決したい”と語り、米国に協議再開を呼びかけた」と報道しているが、劉鶴副首相はこの日、「2019年国際知能産業博覧会」で講話を行った際に、米中貿易戦争に関して触れ、これまでの発言を繰り返しただけである。

 米中の反応の違いを客観的にみると、トランプ大統領側にやや焦りがあるようにも感じられる。

 事実上、トランプ大統領の発言一つで政策が決定され、それに対してすぐに中国が応酬するような状態であるが、こんなことでは投資家たちは堪ったものではない。FRB(連邦準備制度理事会)に対するトランプ大統領のプレッシャーも含め、いちいちトランプ大統領の一挙手一投足に過剰反応していたのでは、“下がって売って、上がって買って”を繰り返すことになってしまう。

 もう一度シナリオの原点に戻った方がよさそうだ。トランプ劇場は、有権者を楽しませるためのショーであり、“中国たたき”は票になる。しかし、一方で、株価下落はトランプ政権一期目の成果を台無しにし、次期大統領選ではこれが致命傷となる。

 中国が途中から、真剣勝負モードになっているので、ショーが長引いているが、用心深く、自国内政の安定を第一に考える中国が、積極的に勝ちにいくようなことはしないはずだ。であれば、トランプ大統領が落としどころを間違えたりしない限り、最終的には激戦の上、引き分けとなり、両者が握手をして終わるシナリオとなるはずだ。高値追いはまだ早いが、安値での投げは禁物ではなかろうか。

文■田代尚機(たしろ・なおき):1958年生まれ。大和総研で北京駐在アナリストとして活躍後、内藤証券中国部長に。現在は中国株ビジネスのコンサルティングなどを行うTS・チャイナ・リサーチ代表。メルマガ「田代尚機のマスコミが伝えない中国経済、中国株」(https://foomii.com/00126/)、ブログ「中国株なら俺に聞け!!」(http://www.trade-trade.jp/blog/tashiro/)も展開中。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。