マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

年金財政検証、「厚生年金適用拡大」の狙いは全国民からの天引き

2019年9月6日 16:00

 まず企業規模要件を廃止し、中小企業も対象にすることで125万人から保険料を取れる。次に「週20時間以上勤務」の短時間労働者全体を対象にして325万人追加、最後は学生でも雇用期間1年未満でもとにかく「月5万8000円以上」の賃金収入があれば全員厚生年金に加入させ、給料から保険料を天引きする。その場合、加入者は一挙に1050万人も増える。

〈「被用者保険の適用拡大」が年金の給付水準を確保する上でプラス〉

 財政検証にはそう書かれている。問題は誰にとってプラスなのかである。社会保険労務士の北山茂治氏が語る。

「第3号被保険者が厚生年金に加入してもメリットはほとんどありません。第3号のままなら保険料負担ゼロで済むが、厚生年金になれば年金の保険料だけではなく、健康保険料も自分で払わなければならない。年金が少し増えても損失の方が大きい。厚生年金に加入するならフルタイムで働いて稼ぎを大きくしないとメリットは生まれない」

 パート妻が損をするということは、保険料が増える国が得するということだ。ましてや最終段階の“1050万人加入作戦”は、年金制度を破壊する行為だ。

 現在の制度では、収入の有無によらず、20歳になれば国民年金に加入して月額1万6410円の保険料を払わなければならない。例外は第3号被保険者だけだ。

 しかし、「月収5万8000円」のアルバイトに厚生年金加入を義務化した場合の月の年金保険料の自己負担は5307円(現行の保険料率の場合)だ。納める保険料は国民年金より安いのに、もらえる年金は多いという逆転現象が起きる可能性がある。自営業者には到底納得できない歪んだ制度設計になりかねない。年金博士こと社会保険労務士の北村庄吾氏がいう。

「厚労省は何が何でもどこからでも保険料を取って目先の年金財政を潤し、将来、そうした人たちに年金を払う段になったら、その時に新たな年金カットを考えればいい。そう考えているように思えてなりません」

※週刊ポスト2019年9月13日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。