マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

節約にもなって一石二鳥 夏の終わりの「音楽系Tシャツまとめ買い」の効果

2019年9月21日 15:00

Aさんがまとめ買いで手に入れた音楽系Tシャツ

Aさんがまとめ買いで手に入れた音楽系Tシャツ

 夏も終わり、肌寒くなり始めるこの季節。秋服や冬服を購入する人も多いだろう。しかし、こんな季節の変わり目だからこそ、夏服を大量に買うという人もいる。

 30代の男性会社員・Aさんは、毎年のように、9月頃Tシャツを何枚も買うという。

「季節が終わるとセールが始まりますからね。特にTシャツなんて基本的に夏に着るものなので、夏が終わると一気に安くなるんです。だから、セールが始まったら、翌シーズンに着るためのTシャツをまとめ買いしておきます。半額くらいで買えることも多いので、もはや定価では買えなくなりました」(Aさん、以下同)

 そんなAさんが好んで買うのは、CDのジャケットやバンドのロゴなどがデザインされた音楽系Tシャツだという。

「夏の終わりになると、CDショップがTシャツのセールをやるんです。割引率も50%引きは当たり前で、中には70%引きというものもある。そして、CDショップで売られているバンドのグッズTシャツはそもそも定価が3000円くらい。中には定価で2000円くらいのTシャツもあって、さらにセールで割引されるので、とにかく安い。毎年4~5枚くらいは買ってしまいます」

 とはいえ、翌シーズンに着るための服を前の年に買うとなると、流行遅れになってしまうのではないだろうか?

「音楽系Tシャツであれば、あまり流行は関係ないと思います。自分が好きなバンドのTシャツしか買わないし、そこは流行どうこうではなく、あくまでも自分のこだわりですから。ブランド系のおしゃれなTシャツだと、次のシーズンは流行遅れといったことがあるのかもしれませんが、音楽系Tシャツならそういったことは気にしないで済む。流行に左右されないためのテクニックにもなります(笑)」

サイズに妥協は厳禁。狙いはちょっと大きめ

 ただし注意をしなければならないのが、サイズだ。Tシャツを購入したときはジャストサイズだったとしても、その1年後には体型が変わっている可能性もある。

「30歳を超えたくらいから体重も増えてきて、TシャツのサイズもMからLに変わりました。さらに今でも年々体重は増加傾向にあり、お腹も出がち。1年前に着られたTシャツが翌年の夏にはパツンパツンになることも……。だから、ちょっと大きめのサイズを買うようにしています。“在庫がないから小さめのサイズでもいいか”みたいな妥協は絶対にダメ。大きめなら安心です」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FX知識ゼロのOLが他人の取引をコピーしてFXを始めるまで
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。