マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

台風被害に備える保険、補償を受けやすい加入方法は

2019年10月15日 16:00

 これは火災保険や地震保険でも同様で、家そのものの心配が先だってしまうが、実際は建物より先に家財がやられるケースは少なくない。たとえば2000万円の火災保険や地震保険をかけるなら、建物だけにかけるのではなく、建物と家財に1000万円ずつ分けて加入したほうが、補償を受けやすくなる可能性が高い。

 また、今回の台風19号では、上陸直前になって台風に備えるミニ保険に加入したという声がSNSでみられたが、こうした商品は建物や家財を補償するものではなく、外出時のケガや他人のものを壊してしまった場合などをカバーする保険だ。台風が過ぎるのを家で待っているような場合はほとんど意味がないので、商品名だけで飛びついたりせず、補償の中身をよく確認して加入したい。

文■森田悦子(ファイナンシャルプランナー/ライター)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。