マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

電子書籍と紙の本を使い分けるユーザーたちのこだわりと考え

2020年1月21日 16:00

電子書籍と紙の本をどう使い分ける?

電子書籍と紙の本をどう使い分ける?

 インプレス総合研究所が2019年7月に発表した調査によれば、2018年度の電子書籍市場規模は前年比26.1%増の2,826億円と推察されている。海賊版サイトの閉鎖を受けたこともあり、電子書籍の市場が拡大しているが、一方で紙の本のメリットを感じている人もいる。紙、デジタルを併用する20代、30代の若手ビジネスパーソンに、どのように使い分けているのか聞いてみた。

知識は紙の本で、内容だけ知りたい場合は電子書籍

 IT業界で働く30代の男性会社員・Aさんは、月にビジネス書を10冊以上読むようにしている。外出時にも読みやすいことから、電子書籍の利用が増えているという。

「電子書籍はスマホやタブレットなどの端末上でデータを同期しているため、いつでもどこでも読めるのが一番のメリット。紙の本を複数冊持ち歩くと、とても重たい。その分、電子書籍は端末1つですべてを読めるので、荷物を軽くすることが出来ます。書籍の内容に関する感想やメモも以前は紙のノートに書いていましたが、今ではノートアプリと専用ペンを使って、タブレット上に記録しています」(Aさん)

 少しずつ電子書籍の割合が増えているAさんだが、一部の書籍は紙の本でしか読まないようにしていると明かす。

「硬派なビジネス書や学術書は紙で読まないと、内容が頭に入ってきません。また、専門書は、電子書籍で販売されていないこともあります。後になって見返すことも多いので、手元に残して参考にしたい本は紙の書籍。内容だけ追えればいいマンガや自己啓発本はデジタルで読むなど、使い分けを意識しています」(Aさん)

「デジタル積ん読」をどう回避するかが課題

 使い分けをしつつも、デジタルでの書籍購入を控えようになったというのは、20代の女性会社員・Bさんだ。

「ダウンロード版はあまりにも簡単に購入できるため、ついつい衝動買いしてしまう。紙の本は本棚の一部になるので、読まないといけないプレッシャーが生まれますが、その分電子書籍は買ったことを忘れてしまうことも多い。『デジタル積ん読』を避けるために、どうしても読まなくてはならい本ほど、紙の書籍での購入を選ぶようにしています」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

FXトラリピ最強トレーダーの2020年一押し通貨ペアとは
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。