マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

電子書籍と紙の本を使い分けるユーザーたちのこだわりと考え

2020年1月21日 16:00

「資産価値」を意識して選択

 20代の男性会社員・Cさんは、「資産価値」を意識したうえで、どちらで購入するか決めているという。

「中古販売時の値段が下がりにくい書籍は紙で、利ザヤの少ないものはデジタルで買うようにしています。例えば、2000円ぐらいする話題の新刊書は、発売直後に読み終えれば、フリマアプリ上で300円ほどの差分で販売することが出来る。

 一方、人気漫画の最新作は、購入直後に出品する人も多く、市場でも飽和しがち。すぐに購入時の半値以下で手に入るケースも多いのでデジタルで買う、といった具合です。電子書籍の登場で市場が拡大した分、今後はよりニッチで希少性のある書籍ほど、紙の本で持っていることの価値が高まると思います」(Cさん)

 電子書籍の利便性を感じつつも、ものによっては紙で買うようにしているという人は、案外少なくないようだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。