マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

ゆで太郎、富士そば、小諸そばの「かつ丼」食べ比べ 値段と量の違いは?

2020年3月1日 15:00

小諸そばは唯一「ヒレカツ」を提供

小諸そばの「ヒレカツ丼」
小諸そばの「ヒレカツ丼」

 小諸そばは、都内を中心に76店舗を展開中だ。

「都内集中型のそばチェーンが小諸そばです。テーブルにネギや梅干しが置いてあって、客がセルフで取るシステム。ゆで太郎システムと同様に、丼ものとのセットメニューが充実しています」(小浦氏)

 小諸そばで提供される単品のかつ丼は「ヒレカツ丼」(520円)だ。記者Aが実際に食べた。

「丸くて小さなヒレカツが3枚載せられています。ヒレカツを使っているのは、今回の3つチェーン店のなかでは小諸そばのみ。さらに三つ葉が載っているのも、ほかのそばチェーンとの違いです」

 玉ねぎととんかつを卵でとじているのは同じだが、卵に特徴があったという。

「調理する人によって変わってくるところなのかもしれませんが、小諸そばの卵は“半熟感”が強めでした。出された直後は白身も透明な状態で、トロッとした食感を楽しめます。味付けは全体的に優しい感じ。ヒレカツは結構柔らかくて、とてもおいしいです」(記者A)

安さで選ぶか、ボリュームで選ぶか

 ゆで太郎、名代富士そば、小諸そばという3大チェーンのかつ丼をそれぞれ食べ比べた記者A。それぞれの印象の違いについて、こう分析する。

「富士そばの500円という価格は、やはり魅力的。かつ丼というだけでそもそもボリュームがあるので、お得感が大きいのは確かです。

 ゆで太郎の2種類のかつ丼は、富士そばや小諸そばに比べてボリューム感があるように思いました。その分値段も高くなっていますが、たとえば同じ値段くらいのハンバーガーを食べるよりは余裕でボリューミー。個人的には、信越食品のゆで太郎の590円のかつ丼は結構お得だと思います。

 小諸そばは、ヒレカツ丼ということで、また別枠という印象です。脂身のない柔らかいヒレカツが好みなら、小諸そば一択だと思います」

 意外と個性的な3大そばチェーンのかつ丼。好みに合わせて、選んでみるのもいいだろう。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。