マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ゆで太郎、富士そば、小諸そばの「かつ丼」食べ比べ 値段と量の違いは?

2020年3月1日 15:00

ゆで太郎(信越食品)の「かつ丼」
ゆで太郎(信越食品)の「かつ丼」

 手軽にササッと食事を済ませたい時に重宝するそばチェーン。その定番メニューとして忘れてはならないのが、かつ丼だ。しっかりと食事を摂りたいときなどに、そばチェーンでかつ丼を注文する人も多いのではないだろうか。

 そこで、そばチェーンの中でも店舗数が多い「ゆで太郎」「名代富士そば」「小諸そば」が提供するかつ丼を比較した。今回はセットメニューではなく“単品”のかつ丼をマネーポストのチェーン店グルメ担当記者・Aが実食した(なお、店舗によってメニューや価格が異なるケースがあります)。

店舗数日本一の「ゆで太郎」は2種類のかつ丼

 全国で200店舗以上を構える「ゆで太郎」。都心に店舗が多いそばチェーンの中で、郊外のロードサイドにも多く出店しているのが特徴だ。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう話す。

「ゆで太郎グループには、直営店が多い『信越食品』とフランチャイズが多い『ゆで太郎システム』の2つの会社があり、それぞれが運営する店舗のメニューが異なります。信越食品のゆで太郎は昔ながらの立ち食いそばに近い雰囲気で、ゆで太郎システムの方はセットメニューが充実しています」

 まずは信越食品のゆで太郎で、590円(税込み、以下同)の「かつ丼」を記者Aが実食した。記者Aがその感想を述べる。

「玉ねぎとロースカツが卵で閉じてある、ごくごくオーソドックスなかつ丼ですね。衣のサクサク感はほんのり残っていて食感も楽しいです。卵は半熟というよりも、しっかり火が通っている印象。ごはんは結構ボリューム感があって、食べごたえがあります」(記者A)

 また、味噌汁もついてくる。

「味噌にお湯を入れて溶かすタイプのお味噌汁が付いてきます。食べる前にしっかり味噌を溶かさないと、最後に味噌だけが残ってしまうので注意が必要ですね」(記者A)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。