マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

在宅介護の落とし穴 離職して備えたことで生活援助打ち切りに…

2020年3月26日 16:00

 介護離職したとはいえ、在宅勤務の業務は決して少なくない。『生活援助』がなくなった結果、A氏の妻は会社勤務時よりも心身ともに疲れ果ててしまったという。

 安易な介護離職の判断は禁物だが、もし生活援助が打ち切られた場合、介護保険サービス以外の制度を利用する手もある。

「たとえば食事の場合、各自治体が用意している配食サービスを利用すれば、一食あたり600~800円程度で決まった時間に配達してくれるので、調理・後片付けの手間が省けます。炊事・洗濯はシルバー人材センターなどに依頼すると、1時間あたり1200円程度でスタッフを派遣してくれます」(高室氏)

 様々なサービスを上手に利用したい。

※週刊ポスト2020年4月3日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。