マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

中高年の「にわかネット生活」の失敗談、動画閲覧に落とし穴が…

2020年4月14日 16:00 週刊ポスト

失敗はシニアに限らず誰にでもある

 以上の事例に加えてシニアがネットで気をつけたいのがSNSによるプチ炎上だ。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が語る。

「過去、あるテレビ番組で紹介された『1万円のステーキを驕られるより3000円の現金を貰いたい』という若者の意見について、シニア男性がツイッターで反論を書いたことがあったんです。『食に興味がないのは不幸だ』『結婚もせずイヤイヤ生きている若者が多くなった』といった気軽な投稿だったのですが、『老害の意見』だとして、彼のツイッターには『つまらんヤツから奢られるよりも3000円もらった方がいいわ』とばかりに批判が殺到し、ツイッターのまとめサイト等にも転載されて炎上したことがありました。

 これは一例で、若者とシニアの温度差がプチ炎上を招くことは多々あります。特に昔の価値観を押しつけようとすると、反感を買いやすい」

 こうした失敗事例を受けて、ITジャーナリストの三上洋氏が言う。

「最初のうちの失敗はシニアに限らず誰にでもあることなので、一度の失敗でネットを遠ざけてしまうのはもったいない。シニアの方は他人に聞くのは恥ずかしいという方が多いですが、ネットユーザーは初心者に優しいので、質問コーナーなどに分からないことは何でも聞くこと。

 プロレスラーの長州力さん(68)がツイッターのハッシュタグ「#」を間違えて漢字の『井』と書いていましたが、他のユーザーが丁寧に教えてあげていました。それこそがネットのいいところ」

 いくつになっても失敗から学ぶことは多いということだ。

※週刊ポスト2020年4月17日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。