マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

新型コロナの穀物への影響 小麦、ビール、大豆の流通はどうなるか

2020年4月24日 15:00

新型コロナの影響はビールにも?(イメージ)
新型コロナの影響はビールにも?(イメージ)

 WHO(世界保健機関)は、4月11日、「国際市場における食料不足が起きかねない」とする声明を発表した。感染症対策の移動規制で物流が遮断されていることに加え、自国の市場を優先する一部の食料産出国が輸出の規制に乗り出したからだ。

 不足する食料品の最たるものとされるのが、小麦粉で、現時点でも輸出制限をする国が出始めている。たとえば、カザフスタンは小麦粉の輸出を禁止、ロシアも輸出量に上限を設け、隣国のウクライナも輸出規制を検討する動きが予想されていることなどから、世界的に小麦の価格が急騰し始めている。

 小麦同様、穀物といえば、ビールにも影響が出そうだ。ビールに使用される国産の大麦は、現在の日本のビール生産量全体の1割程度に過ぎない。

「大麦は、カナダ、オーストラリアからの輸入に頼っています」(調達・購買コンサルタントの坂口孝則さん)

 南半球のオーストラリアは、これから冬を迎える。徐々に新型コロナの被害も増え始めていて、現時点でも、すでに感染経路が特定できない市中感染が拡大。今後、オーストラリアが大麦の輸出制限をしたら、ビールの生産量は一気に落ちる可能性がある。

 自給率が低いにもかかわらず、日本人の食生活に欠かせないのが大豆だ。実は、日本の大豆の自給率はわずか7%ほど。食用大豆は、アメリカ、カナダ、中国からの輸入が大半を占め、多くはサラダ油やてんぷら油などに加工されている。

「コロナとは直接関係ありませんが、4月に日清オイリオが食用油の値上げを発表しています。大豆の値段が上昇しており、自給率が低いことを考えると今後さらに、油の値段は上がるかもしれません」(消費生活アドバイザーの丸山晴美さん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。