マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

コロナ収束後の値上がり期待銘柄10 小売、旅行関連の反発あるか

2020年4月22日 20:00

新型コロナ収束後の「上昇期待株10」
新型コロナ収束後の「上昇期待株10」

 年初から2月半ばまで、ほぼ2万3000円台で推移していた日経平均株価は、コロナ・ショックで歴史的な大暴落となり、3月19日には終値1万6552円まで大きく下落した。その後1万9000円台まで戻してはいるが、いまだ低水準だ。

 そんなタイミングで投資に手を出すのは愚策中の愚策―と思いきやマーケットバンク代表の岡山憲史氏は「長期的に見れば、今の時期は株投資で資産増を目指す上ではチャンスだと考えられる」と指摘する。

「しばらくは株価の乱高下があるかもしれません。ただ、過去の経済危機の時も、時間をかけて株価は持ち直した。1987年のブラックマンデーでは、米ダウ平均が1日で20%以上暴落しましたが、1年9か月かけて元の株価に戻しています」(同前)

 もちろん、その期間はケースバイケースだ。日経平均では、2011年の東日本大震災後は急落前の株価水準に戻すまでに2年、2008年のリーマン・ショックでは5年を要した。

 今回もワクチン・治療薬の開発や各国の経済対策の効果次第で、株価回復までの時間は変わるだろう。

 ただ、どれだけ時間がかかるにせよ、重要なのは「全面安の展開が続いたことで、強い競争力を持つ優良企業の株が割安となっていること」だとケイ・アセット代表でマーケットアナリストの平野憲一氏は強調する。短期間で大きな利益を目指す“博奕”でないならば、お買い得な銘柄が増えているということだ。

「とりわけ、老後資金のための長期的な資産形成を図る目的であれば、配当利回りに着目したい。急落によって、配当利回りが4%を超える銘柄が数多くある。株価が戻せると考えられる優良企業の株であれば、安定した配当収入を効率よく確保するチャンスだと捉えることができます」(平野氏)

株の関連記事

LINEアプリで手軽に株投資! 初心者でも始めやすい「LINE証券」の特徴を紹介

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。