マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

やよい軒「ごはん大盛り無料」のテイクアウト拡充 店内食とのコスパの差は

2020年6月14日 15:00

やよい軒のテイクアウト弁当とみそ汁
やよい軒のテイクアウト弁当とみそ汁

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの外食チェーンがテイクアウトに力を入れるようになった。そんななか、定食チェーンのやよい軒は6月2日に、テイクアウトメニューを大幅に拡充した。

 昨年より一部の店舗ですでにテイクアウトメニューは提供されていたが、この6月2日から全国382店舗のうち321店舗でテイクアウトが可能となる。提供されるメニューは『しょうが焼き弁当』(570円、税込み、以下同)、『肉野菜炒め弁当』(660円)、『チキン南蛮弁当』(690円)などの定番から、『肉豆腐と焼き魚の弁当』(790円)、『牛バラ焼き弁当』(720円)などの期間限定メニューまで、21種類となっている。

 やよい軒と言えば、ごはんがおかわり自由であることが有名だが、テイクアウトの弁当の場合、当然ながらごはんのおかわりはできない。ただし、ごはんの大盛りは無料。ごはんの「もち麦」変更はプラス30円、もち麦変更大盛りはプラス80円となっている。また、みそ汁は弁当についておらず、単品100円の別売りだ。

 では、おかずや価格は、通常の定食とどう違うのだろうか。定番の『しょうが焼き定食』と『しょうが焼き弁当』を比較してみる。

 まず、店内で食べる『しょうが焼き定食』は640円。メインとなる豚のしょうが焼きのほかに、ごはん、みそ汁、冷奴、キャベツの千切り、マヨネーズがセットとなっている、また、お新香はおかわり自由。もち麦ごはんへの変更はプラス30円、もち麦ごはん大盛りはプラス80円だ。

やよい軒の『しょうが焼き弁当』(ごはん大盛り)
やよい軒の『しょうが焼き弁当』(ごはん大盛り)

 テイクアウトの『しょうが焼き弁当』は570円で、定食よりも70円安い。メインの豚のしょうが焼きと、ごはん、お新香、おひたし、ゴボウの和え物がセットになっている。キャベツの千切りとマヨネーズはついておらず、お新香のおかわりもできない。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。