マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

テレワークを導入した会計事務所の変化 「社内メールはほとんど利用しない」

2020年7月14日 7:00

在宅勤務のスタッフとHDコムを活用して社内ミーティングも

 外出自粛要請が出て以降、テレワークを導入する企業が増えているが、実際に導入した企業はどのような苦労を乗り越え、そして定着させていったのか。ここでは、ネクスト・プラス(長崎市諫早市)の事例を紹介しよう。

ITツールの設備投資には国の助成金も活用

 ネクスト・プラスは長崎県諫早市にある会計事務所。テレワーク導入のきっかけは、代表の東大智氏の自宅が長崎市にあり、オフィスに出社しなくても仕事ができたら、というシンプルな願いからだった。東氏が語る。

「2017年にオフィスを新築したのですが、計画の段階から社員全員分の座席を用意せず、オフィスでなくても仕事ができるようにする、という方針を掲げました。クラウドサービスやクラウド会計ソフトが出回り始めたのもよいタイミングでした。設備投資には国のテレワーク推進助成金も利用しました」

 会計事務所の業務は顧問先の記帳業務と決算書作成がメインだ。元となる資料は顧問先にあり、集計と入力は自宅でもできる。オフィスには慣例として通っているだけで、なくても問題ない、というのが東氏の考えだ。

 しかしスタッフには戸惑いもあった。今までオフィスでするのが当たり前だった業務を、どうすれば在宅勤務で可能になるのか分からない。

「そこで、スタッフ3~4人でテレワーク導入のトライアルチームをつくって課題を洗い出し、全社的なテレワークの仕組みをつくり上げていきました。自宅にネット環境が整っていないスタッフにはモバイルWi-Fiの貸し出しも行いました」(同社の本多由美子氏)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。