マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投信

つみたてNISA、積立期間もフル活用するには今すぐスタートを

2020年7月10日 15:00

つみたてNISAを成功させるため気を付けたいポイントは?(イメージ)
つみたてNISAを成功させるため気を付けたいポイントは?(イメージ)

 老後に向けた資産形成のために注目されるつみたてNISA(少額投資非課税制度)は、最長で20年まで運用益(配当金や売却益)が非課税になる制度だが、運用する上で気をつけなければならないこともある。たとえば、こんな勘違いをしている人もいるようだ。

「今年は新型コロナの影響で、20万円しか投資に回せる余裕がない。来年はまとまったお金が入る予定なので、余った非課税枠と合わせて60万円投資するつもりです」(自営業・30代女性)

 つみたてNISAの非課税枠は年間40万円で固定されているため、このケースは認められない。ファイナンシャルプランナー(FP)の山中伸枝さんが話す。

「使わなかった非課税枠を翌年再利用することはできません。また、40万円投資し、同じ年に30万円売却したからといって、新たに30万円買い足すことも不可能です」

 積み立てる期間にも注意が必要だ。新制度によって、つみたてNISAは新規で投資できる期間が、これまでの2037年から5年延長され、2042年まで可能になった。2020年に始めた場合は23年間の積み立てができ、毎年最大40万円を積み立てれば、920万円となる。ただし、運用益が非課税となる期間は最長20年のまま据え置きのため、ある時点の40万円×20年で800万円が最大だ。

「2042年までならば、いつ始めても20年の非課税期間の恩恵にあずかれますが、積立期間もフル活用するには、2020年中に始める必要があります」(FPの鈴木さや子さん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。