マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

コロナ特需のホームセンターで何が売れた? リアル店舗の魅力再認識も

2020年7月7日 7:00

ガーデニングで自粛生活のストレスを解消する人も急増(写真はイメージ)

 時代や景気の移り変わりとともに、企業を取り巻く環境は絶えず変化する。30年以上にわたり、さまざまな企業を取材し続けてきた経済ジャーナリストの和島英樹さんが、今注目の企業・業界の動向を分かりやすく解説する。今回は、コロナ禍でも好調なホームセンター業界の動向について。

 * * *
 新型コロナウイルスによる影響で多くの企業が業績不振に喘ぐ中、不景気を吹き飛ばす盛り上がりを見せているのがホームセンター業界だ。外出自粛による「巣ごもり需要」を追い風に大躍進を遂げている。

 特に絶好調なのが、ホームセンター業界首位のDCMホールディングス。北海道を地盤とした「DCMホーマック」や中部の「DCMカーマ」、四国の「DCMダイキ」など、全国規模でホームセンターを展開する同社は、このコロナ禍でも3~5月の売上高は前年同月比9%増の約1258億円、営業利益は同70%増の約116億円となった。

 DCMホールディングスのグループで、関東地方を中心に展開する「ケーヨー」も、第1四半期の営業利益は約25億円と、2021年通期計画の17億円を既に達成。主に大阪を地盤とするコーナン商事も4期連続で過去最高益を更新する見通しだ。

 好調の背景にあるのは、外出自粛や在宅勤務で生活スタイルが変化し、家庭内需要が増加したこと。具体的には、園芸用品や屋外資材、用土の売り上げが好調で、オリジナルの「DCMブランド」商品でも、人工芝を始めホースリールや除草剤が好調だった。不要不急の外出が禁止されるなか、自宅で出来るストレス解消法としてガーデニングを選ぶ人が急増したようだ。

 また、家の中の簡単な傷などを直すための塗料・補修用品や、政府がコロナ対策で換気を推奨していることもあり、網戸用品のニーズも高かった。持て余した時間を家の修理やDIYに充てる人が増えたためだろう。意外なところでは、運動不足予防のための室内用のスポーツ・トレーニング用品や、コロナ禍を機にペットを飼う家庭が増えたことで、ケージや餌、ペットシーツなどの販売も伸びた。 

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。