マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

法改正で相続税の課税対象者が3年で倍増 相続税の計算方法は?

2020年8月15日 15:00

 基礎控除額は、「3000万円+600万円×相続人の数」になる。

 例えば5000万円の遺産を残して夫が他界し、妻と息子2人が相続するケースでは、基礎控除額は4800万円となる。遺産額から基礎控除を引いた200万円を3人で遺産分割した額に所定の税率をかけて相続税額を決定する(表A)。

 ここでも優遇されるのは配偶者だ。

「配偶者は相続する財産が1億6000万円以下なら配偶者控除が適用され、相続税がかかりません」(前出・岡野氏)

 相続税の負担額を把握して、配分で決めていくのが、相続トラブルを避ける第一歩となる。

※週刊ポスト2020年8月14・21日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。