マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コロナ禍で披露宴延期が続々、「ご祝儀いつ渡すか問題」が浮上

2020年9月6日 16:00

祝福したい気持ちは変わらないが…(イメージ)

 新型コロナウイルス感染拡大により、結婚披露宴を控えたカップルは延期や中止、あるいは計画変更などを余儀なくされている。結婚式を開こうと思っていたカップルにとっての“キャンセル料問題”は話題となったが、周囲の「祝う側」にとっても悩ましい問題が発生しているようだ。フリーライターの吉田みく氏がリポートする。

 * * *
「コロナ禍での結婚。ご祝儀はどのタイミングで渡したら良いのでしょうか」──都内在住、食品関連企業に勤務する板倉仁美さん(仮名・30歳)は、先日結婚した友人に渡すご祝儀について悩んでいた。

 結婚の報告を聞いたタイミングに渡すのがベストな気がするが、板倉さんはあることを懸念していた。それは結婚披露宴の存在である。

「この先、4人の友人の結婚披露宴が控えています。しかし、このような情勢ということもあり、どの友人からも“式の時期は未定”と連絡が来ています」(板倉さん、以下同)

 中には、結婚の報告を受けてから1年以上経つ友人もいるそうだ。「幸せな話のはずなのに……。なんだか辛いですね」と板倉さんは肩を落とした。結婚披露宴でご祝儀を渡そうとしていたため、現在も渡せずにいるとのこと。この状況が続くことに、板倉さんはモヤモヤしていた。

「あまり大きな声では言えませんが、“結婚披露宴をやらない”と言われていたら、ご祝儀は渡しやすいです。でも、“予定している”と言われてしまうと、今渡して、披露宴でも……ってなっちゃって二重ですよね。それはお財布的に厳しいです。それで、ご祝儀とは別に、先にプレゼントを贈ろうと思ったんですが……」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。