マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

豪雨で流された皿が勝手にフリマ出品… どう取り戻す?

2020年10月4日 11:00 週刊ポスト

 しかし、先日の大雨というのが、3か月以上以前のことでなければ、公告期間が経過しているわけではないので、適法な手続きを実行することなく、自分の物として出品していることになり、よって出品者の物ではありません。仮に出品者が他者から譲り受けた物としても、遺失物の所有者は無くしてから、2年間の間は取り戻せます。

 もっとも、出品者がマーケットで買った場合には、その代価を支払う必要がありますが。

 もし、遺失物法等の手続きをせず、拾得物を売っていると、刑法の遺失物等横領罪に該当し、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金、もしくは科料で処罰されます。

 傷が写っている手元の写真などで、装飾皿があなたの物だと証明できる場合には、出品者に返却を求める交渉にトライする価値は、十分にある、と思います。

【プロフィール】
竹下正己(たけした・まさみ)/1946年大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年弁護士登録。射手座・B型。

※週刊ポスト2020年10月9日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。