マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

クレジットカード 損しないための解約手続き5つのポイント

2016年7月19日 16:00

3:連動カードや、家族カードも確認
 有料道路の利用に便利なETCカード、おサイフケータイなどの電子マネーや、家族カードと紐付いている場合、親となるクレジットカードを解約してしまうと、当然使えなくなってしまう。鉄道系電子マネーのオートチャージ機能もそう。

「解約をする前に、連動カードの移行や、再契約をすませておくこと。いざという時にトラブルになりかねません」

4:公共料金などの引き落とし先の変更
 解約時に未払いがないと安心していても、公共料金などの引き落としは後日行われるため、引き落とし不可能となることも。あらかじめ、他のクレジットカードに変更をすませた上で解約手続きに入ろう。

「支払いの延滞は、信用情報に傷がつきます。1~2か月の確認ミスでブラックリスト入りしないよう、必ず手続きを終えてから、解約してください」

5:解約するタイミング
 1~4がすべてクリアできれば、解約の手続きを始めてもOK。ただし、年会費を支払った直後の場合、すぐに解約する必要はない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。