マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

ジャパネットたかた社長 「父が長嶋茂雄なら、僕は野村克也タイプ」

2020年10月9日 7:00

ジャパネットたかた・高田旭人社長
ジャパネットたかた・高田旭人社長

 テレビ通販の代名詞的存在であるジャパネットたかた。創業者である高田明氏が甲高い声と明るい笑顔で熱く商品を説明するスタイルで人気となった。5年前に跡を継いだ明氏の長男・高田旭人社長(41)は、先代とは違う新たなスタイルでジャパネットホールディングスを牽引。2019年12月期の連結売上高は2076億円で過去最高となっている。斬新な発想で市場を切り開く2代目社長の経営方針を訊いた。

──このシリーズはまず、平成元年(1989年)当時を伺っています。

高田:1986年に父(明氏)がカメラ店を興しました。父が社長、母が副社長です。当時、僕は小学生でしたが両親とも多忙を極めていたのを覚えています。姉、妹ともども、小さい頃から従業員の皆さんに可愛がっていただきましたね。それくらい商売が中心になっていた家庭で育ったんです。

──孫正義さん(ソフトバンクグループ社長)や堀江貴文さん(元ライブドア社長)を輩出した久留米大学附設高校から東大に進学した。

高田:大学は、教養学部基礎科学科の数理科学コースでしたが、正直、大学時代はほとんど勉強していません(笑い)。テニスに野球、飲み会など大学4年間で大半の遊びはこなしました。その分、社会人になってから仕事に没頭している感じです。

──卒業後、野村證券に勤めた。

高田:後々、父の跡を継ぐのであれば金融は勉強しておきたいと考えたんです。金融業界の中でも野村證券は特に仕事において鍛えられると聞いていましたので、せっかくなら厳しいところでみっちり勉強しようと。

 入社した2002年当時、東大から野村證券に18人ほど入りましたが、営業職に配属されたのは僕ともうひとりの2人だけ。飛び込み営業で名刺を100枚集めなさいという課題が与えられました。担当エリアが茅ケ崎市(神奈川県)でしたので、住宅街を一軒ずつ、チャイムを鳴らして回るという感じでしたね。

 野村は徹底した成果主義で、どれくらいの時間頑張ったかなど仕事のプロセスはほとんど聞かれなかった。極端な話、結果さえ出せばサボってもいい。ただ闇雲に足を使うだけでなく、頭も使わなければ意味がない。当時の経験はいまの経営に活きています。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。