マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

フードデリバリーの闇 保健所も把握できない「ゴーストレストラン」の実態

2020年10月19日 7:00

雑居ビルの一室に「ゴーストレストラン」が…
雑居ビルの一室に「ゴーストレストラン」が…

 カレー専門店とからあげ専門店の「からあげカレー」をデリバリー注文したら、盛り付けも、容器も、味もまったく一緒。調べてみると、店舗の住所が同じだった! でも、値段が微妙に違う……。なぜこんなことが起こるのか、フードデリバリー業界の奇々怪々の実態をレポートする。

 東京・杉並区を南北に走る幹線道路「環七通り」から一筋入ったところにある商店街。午前9時、ほとんどの店がまだシャッターを下ろすなか、駅にほど近い雑居ビル1階の居酒屋「A」の前に、大きなバッグを背負った10人弱の若者が集まっていた。オンラインフードデリバリーサービス「ウーバーイーツ」の配達員たちだ。

「Aってすごい人気店だよな」「おれなんか、昨日6回もこの店から配達したよ」

 配達員たちはそう“情報交換”しながら、次々に品物を受け取り、去っていく。とはいえ、Aは揚げものが100円ほど、生ビールが400円ぐらいで、座敷、テーブル、カウンターを備えるごく平凡な大衆居酒屋。どうしてこんなに人気なのか。

《Uber Eats配達員の方へ いつも配達お疲れ様です! 上記店舗はココです!》

 Aの店先に貼られた一枚の紙。それが“人気”の秘密を解くカギだ。

 記された「上記店舗」の数は実に14店舗。からあげ専門店、丼専門店、カレー専門店、ハンバーグ専門店、握り寿司専門店、マグロ丼専門店といった“専門店”を謳うものから、韓国屋台、野菜研究所に至るまで、ジャンルはさまざまだ。

 ウーバーイーツの注文サイト上では、14の店舗は別個の店であるように見える。しかし、料理はすべて居酒屋「A」のスタッフによって同じ店舗で調理され、配達される。

「このように、ウーバーイーツなどデリバリーサイト上のみに存在する店を『ゴーストレストラン』、またの名を『バーチャルレストラン』といいます。Aのように実店舗を営業する傍ら出店するケースや、マンションの一室などキッチンのある場所で実店舗を構えずに出店するケースがあります。1つの場所で10以上のゴーストレストランを展開する場合も少なくない」(飲食業界に詳しいジャーナリスト)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。