マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

高齢一人暮らしの節約術 固定電話解約、医師はかかりつけ医に絞る

2020年11月3日 7:00

老後の一人暮らし生活はムダな出費を抑えたい(イメージ)
老後の一人暮らし生活はムダな出費を抑えたい(イメージ)

 超高齢社会となっている日本社会。配偶者と死別し、一人暮らしとなる高齢者も増えている。家族と暮らしていた頃は、沢山の保険に加入したり、いくつもの銀行口座を持ち家計をやりくりしていた人も多いだろう。しかし“おひとりさま”になったならば、身軽に快適に暮らすべくサイズダウンすることも重要だ。そこで、一人暮らしの高齢者が節約のためにできることを3つ紹介する。

固定電話から格安スマホへ

 経済ジャーナリストの荻原博子さんは、「固定電話を引いておく必要はない」と話す。

「格安スマホにすれば節約になるうえ、インターネットやメール、LINEなどのアプリによる無料通話やテレビ電話など、できることの選択肢も広がります」

 ひと月数千円の通話料をカットできるうえ、“オレオレ詐欺”の標的になるのはほとんどが固定電話。犯罪に巻き込まれるリスクも大幅に下がるメリットも。

契約アンペアを下げる

 おひとりさまになったタンミングで光熱費も見直したい。

「家族や夫婦で住んでいるときよりも使う電気の量が減るので、契約アンペアを下げれば、月々の電気代の基本料金が安くなります。ひとりなら40アンペアで充分。冷蔵庫もひと回り小さなものにすれば、電気代の節約になります」(荻原さん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。