マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

私も山を買いたい! 登記や隣接地との境界など気をつけるべき点は?

2020年11月8日 11:00 週刊ポスト

 こんなに広い開墾はしないとしても、安心はできません。水源涵養や土砂崩れ防止目的で保安林の指定があると、立木の伐採すらも許可なくできないのです。例外は林業者が事前届をして行なう間伐などだけとなります。

 保安林に指定されると、登記上に表示されるのが原則ですが、一筆の土地の中に保安林が指定された場合、登記されません。山林を買うときは、登記簿だけでは確実ではなく、農林事業所などが保管している保安林台帳で、保安林指定がないかを確認すべきです。

 山の「切り売り」とのことですが、実績のある信頼できる業者が土地の権利関係を処理し、利用に支障がないことを保証しているかなど、慎重に検討してください。

【プロフィール】
竹下正己(たけした・まさみ)/1946年大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年弁護士登録。

※週刊ポスト2020年11月20日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。