マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

夫の遺志を継いで「鴨川自然王国」の主となった加藤登紀子の今

2020年9月18日 7:00

千葉にある「鴨川自然王国」に居を構える加藤登紀子
千葉にある「鴨川自然王国」に居を構える加藤登紀子

 自分らしく最期までに生き抜くには、心が休まる「家」が必要だろう。長年住み慣れた家が“終の棲家”となる人もいれば、地方へ移住したり、介護施設に入ったり、その選択は人それぞれだ。

 南房総の里山、東京から最も近い棚田である大山千枚田を越えた先に、広大な農村地帯が広がる。ここは、千葉県鴨川市にある「鴨川自然王国」。この地に居を構えるのが、歌手の加藤登紀子(76才)だ。

「率直に言って、どこにいても私は私だから、終の棲家はどこでもいいの。でも、夫がこの地を残してくれたことには感謝しています」(加藤・以下同)

「王国」は加藤の夫で、学生運動のリーダーだった故・藤本敏夫さん(享年58、2002年7月逝去)が有機農業を中心とした理想の農業を行うため、1981年に設立したもの。1972年に藤本さんと結婚したのち、3人の子供を育てながら歌手活動をしていた加藤は「東京を離れて田舎暮らしをしたい」と急に言い出した夫の提案に賛同するも鴨川には移り住まず、東京と千葉を行き来する生活を送っていた。

 この間に農作業を学んだ加藤は、2002年に藤本さんが肝臓がんで亡くなると、夫の遺志を受け継いで「王国」の主になった。現在も歌手活動の傍ら、時間を見つけてはこの地を訪れている。

「いまは娘(次女で歌手のYae・44才)とその家族が住んでいますが、ここは藤本家の実家という位置づけで、正月になると家族みんなが集まって賑やかです。私は“皇太后”だから、好きなときにやって来て、居候するような感じ(笑い)」

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。