マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

大企業の冬のボーナス 2年連続過去最高から一転、「支給ゼロ」も続々

2020年11月19日 7:00

ANAではボーナスに加え人件費削減も着手(AFP=時事)
ANAではボーナスに加え人件費削減も着手(AFP=時事)

 社員の年収3割減、冬のボーナス「ゼロ」――。支給日より2か月も早く、航空大手・全日本空輸(ANA)の大幅な人件費削減案が報じられた。冬のボーナス不支給は、記録が残る1962年以降初めてのことだという。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響が直撃した同社では、2021年3月期の連結最終損益が5100億円の赤字となる見通しだ。過去最大の赤字幅を少しでも抑えようと、これまで夏のボーナス半減や、従業員らの一時帰休などで対処してきたものの、業績回復の見通しは暗い。今後は希望退職を募りつつ、他企業へ社員を出向させるなどして存続を図るという。

 スカイマークも夏に続き、冬のボーナス支給を見送った。在宅勤務の普及に合わせて、10月からは通勤定期代の支給も廃止。全体で約90億円のコスト削減を目指す。

 ANAとともに日本の空輸の“両翼”を担う日本航空(JAL)も、夏のボーナス半減でコロナ禍に対応してきた。役員報酬の一部カットが継続される中、従業員の冬のボーナスはどうなるのか。

 まだ労働組合とは交渉が妥結していないが「会社側から0.5か月分(昨年は2.5か月分)に減額する方針が組合に伝えられました」(JAL広報部)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。