マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

大企業の冬のボーナス 2年連続過去最高から一転、「支給ゼロ」も続々

2020年11月19日 7:00

2020年の冬のボーナスを減額する企業
2020年の冬のボーナスを減額する企業

 経団連が昨年発表した大企業の冬のボーナスは、2年連続で「過去最高」を更新していた。それが一転、減額どころではない「支給ゼロ」が相次いでいる。ボーナス支給ゼロ企業や大幅減額を決めた企業を一覧表にまとめた。

 表を見ると安定した収益を上げてきたJR西日本など「鉄道業」も窮地に追い込まれている。

 JR西日本はすでに労組と妥結していた2.69か月分を1.5か月分に減額。労組は会社側からの減額提案を「第一四半期決算で厳しい数字が出た状況もあり、仕方なく見直しに合意した」と話す。

 JR東日本は「現在団体交渉中だが、経営環境が非常に厳しい状況にあり、コロナの動向や経済見通しなどを踏まえながら労使での議論を経て決定していきたい」(広報部)としている(*)。

【*追記:JR東日本は11月13日に、冬のボーナスを前年比3割減となる2.2か月分とする回答を労働組合に示したと発表。国鉄分割民営化後で冬のボーナスとして過去最低の水準となる】

※週刊ポスト2020年11月27日・12月4日号

2020年の冬のボーナス支給がゼロの企業
2020年の冬のボーナス支給がゼロの企業
公務員における2020年の冬のボーナス状況
公務員における2020年の冬のボーナス状況
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。