マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

シングルマザーの仕事選び 考えるべきは「20年先も生き残れるか」

2020年12月7日 16:00

働きながらでも取得しやすい資格はある(イラスト/ユキミ)
働きながらでも取得しやすい資格はある(イラスト/ユキミ)

 子供を1人で育てるシングルマザーにとって、常に付きまとうのがお金の問題だ。特に今年は、新型コロナウイルスの感染拡大で失業者が増加しており、女性の割合が男性に比べて高いパートや派遣などの非正規労働者が真っ先に影響を受けた。

「コロナ禍によって、就職状況が激変しています。例えば、今年の初めならまだ、小売り業やサービス業は人手不足で、ブランクのあるかたや未経験者でも採用されやすかった。ところがこれらの業種の求人はいまや、前年同月比で約3割減。今後は接客業の非接触化が進むでしょうから、さらに求人は減るでしょう」

 こう話すのは、シングルマザーのための就職・転職支援を行う「はぴシェア」理事長・秋田文子さんだ。

「厚生労働省の『一般職業紹介状況』によると、今年9月の調査では、一般事務職の有効求人倍率は約0.26倍。就職率は4人に1人ということになります。少しでも有利に就活を進めるには、子供の急病時などに備え、病児保育サービスなどの預かり先を確保するなど、面接で何を聞かれても問題ないよう、準備しておくことが大切です」

 仕事は、とりあえずで選ばず、20年先も需要があるかを考えて選んだ方がいい。

「例えば、ウェブ制作をはじめとするIT系のほか、介護・看護・保育の分野がおすすめです。特に介護は、最初は年収が低くてもキャリアアップしやすい。ケアマネジャーまで上り詰めれば、年収360万~400万円程度は稼げます」

 保育士も、依然人手不足が予想されているうえ、障がい児や不登校児をケアする仕事もあるため、活動の幅は広い。

「介護や保育の分野は、資格がなくても補助としてすぐに働けます。まずはパートなどで補助の仕事を始めつつ、資格取得の勉強をし、キャリアアップを目指しましょう。国や自治体には、資格取得のための受講費や生活費を補助する制度がありますので、まずは『自立支援教育訓練給付金』の利用を検討してみましょう。雇用保険の加入者であれば、雇用保険からも補助が出ます。国家資格の取得を考えているなら、『高等職業訓練促進給付金』を活用するのがおすすめです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。