マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

松屋の新商品「ステーキ定食」食べてみた! ちょい高メニューの満足度は?

2020年12月6日 15:00

松屋の『牛リブロースのカットステーキ定食』(テイクアウト)
松屋の『牛リブロースのカットステーキ定食』(テイクアウト)

 定番メニューだけでなく、つねに多様な新メニューを投入している牛丼チェーン・松屋。11月24日からは、新メニュー『牛リブロースのカットステーキ定食』を販売している。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏が解説する。

「松屋を運営する松屋フーズは2019年3月からステーキ専門店『ステーキ屋松』を開店し、今年10月には『ステーキ屋松』で好評となっている『牛ステーキ丼』を松屋でも販売しました。松屋では、過去に何度もステーキメニューが販売されたことがありますが、ここにきてまた松屋におけるステーキメニュー展開にも積極的になっているようです」

 そこで、マネーポストの庶民派グルメ担当記者Aが、この『牛リブロースのカットステーキ定食』を実食してみた。

ボリュームはどうなのか?

『牛リブロースのカットステーキ定食』は、ライス・みそ汁・生野菜がついて890円(税込み以下同)。そのほかに、お肉が2倍の『牛リブロースのカットステーキW定食』(1290円)、生野菜がついていない『牛リブロースのカットステーキ ライスセット』(830円)、単品の『牛リブロースのカットステーキ』(690円)も提供されている。

 今回は、ステーキの重量を計測するため、みそ汁がついていないテイクアウトで購入した。

 メインディッシュとなるカットステーキは7枚。ステーキだけをピックアップして重量を測ったところ、7枚全部で87gだった(調理後の重量)。そして、付け合わせとして、たっぷりのクリームマカロニが添えられている。

「ステーキというと、厚切りの1枚肉というイメージですが、このカットステーキは、“ちょっと厚めの焼き肉”という感じ。1切れごとにちょっと“個体差”があるのか、硬いものと柔らかいものがありました。ただ、適度な厚さでとても食べやすいサイズなので、多少硬くてもそんなに気にはなりません。

 しかしお肉のボリュームについては、若干の物足りなさを感じてしまいました。W定食でちょうどいいくらい。できればもっとガッツリお肉を食べたいというのも本音です」(記者A・以下同)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。