マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

2021年の「初日の出」どうなる?「北極振動」の動きから読み解く

2020年12月19日 7:00 マネーポストWEB

 今年の冬は、11月終わりまで北極振動の指数はプラスであった。つまり、北極の冷たい空気は極寒の冷蔵庫に閉じ込められていたわけだ。これが、11月20日に長野市、富山市、奈良市、八王子市などで最高気温が25℃以上の夏日となった背景だ。

 ところが、12月2日になって北極振動の指数はマイナスへと転じた。北極の冷蔵庫の扉が開き、青森市や秋田市では月初からみぞれが降った。12月第3週に入ると冬将軍は本格化し、日本海側では東北地方から中国地方まで大雪となり、東京でも最高気温が10℃に届かない日が見られる。

 年末年始に向けこの寒気はどうなるか。活発化するかどうかは、北極振動がいつまでマイナスかがポイントとなる。アメリカ海洋大気庁が公開している様々なシナリオでの予報では、12月第4週目にいったん弱まるものの、年末から年明けにかけてマイナスの傾向が再び強まると出ている。となると、年末年始に再び寒気が来ることが想定される。太平洋側に乾燥した強風が吹くことで、関東地方に晴天をもたらす主要条件のひとつが整うことから、初日の出が見られる可能性も高いのではないだろうか。

 当然ながら、北極振動だけで日本列島の天気を予想することは出来ない。また、寒気の再来となれば、日本海側の豪雪災害も懸念されるため、一概に喜ばしいこととも言えない。もっとも、本年はコロナ禍でさんざんな年であった。2021年の元旦、太平洋に昇る初日の出を拝めたら、新しい年が良い年になるよう願いを込めたいものだ。

【プロフィール】
田家康(たんげ・やすし)/気象予報士。日本気象予報士会東京支部長。著書に『気候で読む日本史』(日経ビジネス人文庫)、『気候文明史』(日本経済新聞出版)他。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。