マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

森永卓郎氏は後悔も 親が元気なうちに開催すべき「家族会議」の手順

2020年12月25日 7:00 週刊ポスト

場所は実家で。“仲間外れ”をつくらない

 親が元気なうちに親子で話し合って決めておく。それが安心にもつながる。だが、親の介護や相続の話を円滑に進めるには段取りがとても重要だ。相続問題に詳しいまこと法律事務所の北村真一・弁護士が語る。

「家族が集まった場で、長男がいきなり『これから家族会議を開きたい』と言い出せばみんな戸惑ってしまうし、勘ぐられることもあるでしょう。

 家族会議を開く時は、開催を事前に知らせておく。その場合、親から子に声をかけさせるのがいいでしょう。『次にみんな来た時に相続とかいろいろ相談したいから、希望があれば考えておいてくれ』と親からいってもらえば、子も『親がいうなら……』と納得しやすくなります」

 会議の場所は兄弟姉妹の誰かの家ではなく、実家が公平だという。注意したいのは“仲間外れ”をつくらないことだ。

「親と同居していたり、実家の近所に住んでいる子だけで決めてしまいがちです。次男が遠く離れて生活しているなら『あいつはいいだろう』と相談しない。そうすると後で『どうして勝手に決めるんだ』とこじれることがある。全員で決めるべきです」(北村氏)

 遠くで暮らす家族にも事前に相談すれば「いつも世話かけるね」と相手から感謝されてコミュニケーションがうまくいく。

 北村氏は親子会議の「議事録」作成を推奨する。親子兄弟が集まると、昔話に花が咲いたり、雑談が多くなる。土地の処分など財産の話し合いでも、1人の提案にみんなが「そうだね」と相づちを打っても同意しているとは限らない。結論が曖昧になってしまうという欠点がある。

「ちゃんとした議事録でなくてもいいから、家族会議で合意を得たことや親の財産情報などについては、誰かがメモしてメールなどで全員に送信する。録音ではダメです。異議や誤解がある項目は修正したうえでもう一度同意を得て、できれば全員の署名までもらう。そこまでキチンとしたほうが、その後の話し合いの時に、みんな自分の意見を曖昧にしないようになります」

 署名なんて他人行儀と思うかもしれないが、そのほうが家族会議でみんなが真剣に考え、納得できる結論を得やすい。

間違えると禍根を残す「家族会議の手順」

【1】開催は事前に知らせる
【2】親から子に声をかけてもらう
【3】家族で仲間外れをつくらない
【4】議事録をつくる
【5】財産目録や遺言書の内容を全員で共有する

※週刊ポスト2021年1月1・8日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。