マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

新料金プランが魅力的でも「キャリアメールの呪縛」から逃れられない人たち

2021年1月19日 15:00

今でもキャリアメールを使い続ける人たちの事情とは?
今でもキャリアメールを使い続ける人たちの事情とは?

 KDDIは1月13日、新料金プラン「povo(ポヴォ)」を発表した。3月から、通信容量20GBを月額2480円で提供するという。先に発表したNTTドコモとソフトバンクの月額2980円に比べて500円安い料金設定だ。ただし、1回5分までの国内音声通話かけ放題は含まれておらず、かけ放題を付けると2社と同額の2980円となる仕組みだ。

 3社のプランが出そろい、注目されるなか、ネット上では通信各社が提供するメールアドレス「キャリアメール」が大きな話題になっている。というのも、新料金プランは3社いずれも、キャリアメールに対応していないからだ。

 MMD研究所の「2020年版:スマートフォン利用者実態調査」によれば、スマホでのキャリアメールの1日あたりの送信回数は、「0回」が62.9%で最多、次いで「1~10回」が32.6%だった。SMSも「0回」が58.2%で最多。LINEは「1~10回」が57.8%で最も多かった。1日の平均利用回数はキャリアメールが2.9回、SMSが3.7回、LINEが9.9回だった。そもそもキャリアメールの利用が下火になりつつあるようだが、「それでもキャリアメールは手放せない」というユーザーもいるようだ。

「今回のauの新料金プランは確かに安い。でも、キャリアメールに対応していないことが痛いです。もしキャリアメールを存続させてくれたら、auで即確定だったのに……。オプションとして300円くらいで用意してほしいです」

 総合電機メーカーに勤務する40代男性・Aさんはこんな悩みを抱えている。大手キャリアでスマホを契約しており、料金面から格安スマホは魅力的だと思っているが、キャリアメールの有無が乗り換えのネックになっている。多くのサイトやサービスに、キャリアメールで登録しているからだ。

「昔からキャリアメールでいろいろなサイトに登録していて、それを今さらすべて登録し直すのは面倒すぎて、考えるだけで嫌になります。中でも厄介なのは、ネット銀行の認証メール。企業側がキャリアメールを推奨しているのも時代錯誤な気もします。日々、使うものなので半ばあきらめていますが、料金を安くしたい気持ちもあって……揺れています」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。