マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

コロナ禍で職場の「義理チョコ文化」終焉か やめたい人たちの言い分

2021年1月25日 19:00

コロナ禍のバレンタインデーで「義理チョコ文化」はどうなる?
コロナ禍のバレンタインデーで「義理チョコ文化」はどうなる?

 今年も2月14日のバレンタインデーがやってくる。バレンタインといえば、好きな人にチョコを渡すだけでなく、「義理チョコ」という文化も根強く残っている。とはいえ、義理チョコを用意したり、そのお返しを考えたりするのが面倒だ、という声も少なくない。コロナ禍の今、そうした風潮に変化が訪れるかもしれない。

「今年は、職場の変な風習をなくすのに絶好のチャンス」と言うのは、メーカーに勤務する30代女性・Aさんだ。毎年、女性社員がお金を出し合って、スイーツを購入する慣習があった。しかし今年は原則、在宅勤務となっている。

「これまでバレンタインデー近くになると、在籍期間が長い女性社員が女性陣からお金を集め、男性社員向けに『みなさんで食べてください』という感じで、何十個か入っているボックスのチョコレートを買っていました。でも、今年は在宅勤務が多いので、これまで通りになるはずもない。まさかいつ出社するかわからない男性社員のために、ボックスで買うこともないでしょうし、そこまでする義理チョコの意味ってないですよね」(Aさん)

 一方でコロナ禍にあっても、義理チョコ文化を継続しようとする会社もあるようだ。専門商社に勤務する20代女性・Bさんは、やはり原則在宅勤務だが、職場ではバレンタインのチョコを「郵送する」という案が飛び出していると明かす。

「びっくりし過ぎて、本当なのか3回も確認したくらいです。男性対女性が8対2くらいの社員比率で、古い体質の企業なのですが、アラフィフの女性社員が、『日ごろの感謝を込めて贈ることが大事』とかなんとか言うんです……。むしろ男性社員たちから『そこまでしなくていい』と反対の声が出ており、中止になると願いたいのですが」(Bさん)

 そんなBさんの職場には毎年、お手製のチョコを男性社員にプレゼントして、“女子力アピール”に余念のない女性社員もいるという。Bさんは、「手作りはますます怖くないですか?」という。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。