マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

コロナ失業“会社の言いなり”はNG 「特定受給資格者」になる条件

2021年2月19日 16:00

「特定受給資格者(マル特)」の受給額例と受給条件
「特定受給資格者(マル特)」の受給額例と受給条件

 新型コロナウイルスによる雇用環境の悪化で、中高年の再雇用や再就職に暗雲が垂れ込めている。再雇用が難しく、再就職先も見つからずに“空白期間”が生じた場合、どうすればいいのか。

「まずは、雇用保険の失業給付を利用することを考えましょう」というのは、社会保険労務士の北村庄吾氏だ。

 この失業給付をどのくらいの期間、受け取れるかには、少しの違いで大きな差が生じる。

 たとえば、会社を「自己都合」で辞めた場合(令和2年10月1日以降、懲戒解雇以外の「正当な理由がない自己都合」で離職した場合)は一般受給資格者として2か月の給付制限期間があるが、解雇など「会社都合」で辞めた場合は特定受給資格者として制限期間が免除される。

「『特定受給資格者』のことを“マル特”と呼んでいますが、マル特になるかどうかで、受け取れる総額は大きく変わります」(前出・北村氏。以下「」内同)

 マル特になる条件については、細かく知っておく必要がある。

「基本的には、会社の倒産によって離職したり、リストラなどによって解雇された人が相当します」

 ただし、その線引きには“グレーゾーン”が存在するので、注意したい。

「組合と揉めることやイメージダウンを嫌う企業の中には、実態はリストラなのに社員を肉体・精神的に追い込み、自己都合退職にもっていこうとするケースが多々あります。その場合は労働局に相談すること。労働局が照会し、長時間労働やパワハラなど労働環境が悪かったと認められれば、マル特になれる場合があります」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。