マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

母の遺言書が見つからず妹に家の権利書を奪われた80代男性の本当の悲しみ

2021年3月6日 15:00 女性セブン

口約束だけでは信じてもらえなくて…(イメージ)
口約束だけでは信じてもらえなくて…(イメージ)

 兄弟姉妹や親族が遺産を巡って骨肉の争いを繰り広げる“争族”が増えている。普段から仲が悪いきょうだいであれば、相続の話し合いでも不信感が募り、トラブルになることもあるだろう。また、きょうだい間の生活レベルが異なると、“もっとこっちによこせ”などという主張が出てくる可能性もあるはずだ。

 そんな相続における争いを回避する重要な手段の一つが「遺言書」だ。

 昨年亡くなった齊藤朋子さん(仮名)は、遺言書をつくることで自分の財産を守ることができた1人だ。結婚しておらず子供もいなかった齊藤さんの相続人は、唯一の肉親である弟だけだった。だが、「両親の世話もせず遊び歩いていた弟には、私の遺産はびた一文も渡したくない」と語っていたという。

「そこで齊藤さんは、ずっとお世話になっている知人を養子に迎えて、さらに遺言書までつくり、弟には一切渡らないようにしたのです。さらに念には念を入れて、“全財産を養子に渡す”という思いを遺言書の付言事項として書き、動画にも残しました。動画自体には法的な効力はありませんが、遺言書とセットにすると思いが伝わり、かなり有効な遺言になります」(相続終活専門協会理事の貞方大輔さん)

妹たちに信じてもらえなくて…

 遺言書は法的にはもちろん、残された人の心にも訴えかけることができるが、大切にしまい込んで見つからなければ、なんの意味もない。宮城県に住む3人きょうだいの長男の松川雄二さん(82才・仮名)は、がんで入院中、当時60代だった2人の妹に「お母さんから家を相続したでしょう」と、自宅を家探しされ、権利書を奪われた。

「きょうだいの中で唯一戦時中生まれだった私は、10代の頃から働いて家を支えていました。母は前々から“いままで散々苦労をかけたから、私が死んだら家はお前にあげるわ”と言ってくれていたのですが、母の死後、肝心の遺言書が見つからなかった。

 年の離れた妹たちは、私が10代で働いていたことも、妹の学費を工面したことも知りません。知らなくていいと思ってずっと話していなかったのですが、いざ母が亡くなってから本当のことを話しても、2人とも“お兄ちゃんは若い頃から冗談ばかりね”と、まったく信じてくれなかった」(松川さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。