マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

生活家電の節電術 温水便座をオフにすれば年5000円以上お得に

2021年3月7日 19:00 女性セブン

トイレやエアコンの設定など、手軽に取り組める節約術は?(イラスト/松島由林)
トイレやエアコンの設定など、手軽に取り組める節約術は?(イラスト/松島由林)

 コロナ禍によって自宅で過ごす時間が増加した結果、電気代が増えたという人も多い。今後も、新しい生活様式が定着するならば、できることなら電気代を上手く節約していきたいところだ。そこで、生活に必要な家電における節約術を紹介する。

温水洗浄便座 ふたの開閉で差はある?

 温水洗浄便座は機種により、お湯をためておく「貯湯式」タイプと、使うときに加熱する「瞬間式」タイプがある。広報コンサルタント会社『iPR』代表の奥川浩彦さんが語る。

「貯湯式は設置が安価だが、お湯を保温している分、常に電気代がかかっています。水が温まる時間と電気料金は、夏は3分で0.3円、冬は6分で0.7円。24時間保温すると冬は1日6.2円、1か月で186円に。便座スイッチを入れ、1時間保温したときの電気代は0.56円で、1か月では399.6円になる。また、ふたを開けた状態で0.56円、閉じた状態で0.48円。その差は0.08円と、ふたの開閉で大きな差はありません」

 さらに、1日1回温水洗浄を使用する場合、便座を保温(夏場は消費電力を半分で計算)していると、電気代は年間5340円。便座を保温しない場合は、年間187.5円になる。つまり、温水便座をオフにすれば年間で約5153円のお得になるのだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。