マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

コンビニ3社の「直巻和風ツナマヨおにぎり」食べ比べ、味の違いがわかった!

2021年3月7日 15:00

ファミリーマート『直巻 和風ツナマヨネーズ』の断面。具材の存在感は控えめ
ファミリーマート『直巻 和風ツナマヨネーズ』の断面。具材の存在感は控えめ

「ごはんの味が濃いということもあって、ツナマヨの印象自体は薄いです。具材の量も、他の2社に比べるとちょっと少なめに感じました。でも、ご飯のおかげで味の輪郭がかなりくっきりしているので、これでツナマヨの存在感が大きかったら、重すぎると感じる人もいるかもしれません。そういう意味ではバランスが取れていると思います」

 今回、記者Aが実食比較した3社の直巻ツナマヨおにぎりについて、小浦氏が分析する。

「やはり、和風だしとマヨネーズのバランスが重要で、そこの違いが各社の特徴を浮き彫りにしています。全体的に薄味に仕上げているセブン-イレブン、具材のシーチキンマヨネーズを際立たせているローソン、ごはんの味付けを強めにして“ガッツリ感”を演出するファミリーマートという感じでしょう。

 価格については、セブン-イレブンだけ少し高いのですが、だからといって割高というわけではないでしょう。ツナマヨは、コンビニおにぎりの中ではもっとも安い部類入る商品で、120円前後というのは適正価格だと言えると思います」

 同じように見えて、意外と違いがあるコンビニの直巻和風ツナマヨおにぎり。食べ比べて、人気の高さを実感してみるのもいいのでは?

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。