マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

真壁昭夫 行動経済学で読み解く金融市場の今

米長期金利に翻弄される日本株 金利が上がるとなぜ株価が下がるのか

2021年3月14日 19:00

日経平均株価は2万9000円を割って以降、3万円台を回復していない(写真/3月5日、時事通信フォト)
日経平均株価は2万9000円を割って以降、3万円台を回復していない(写真/3月5日、時事通信フォト)

 人は常に合理的な行動をとるとは限らず、時に説明のつかない行動に出るもの。そんな“ありのままの人間”が動かす経済や金融の実態を読み解くのが「行動経済学」だ。今起きている旬なニュースを切り取り、その背景や人々の心理を、行動経済学の第一人者である法政大学大学院教授・真壁昭夫氏が解説するシリーズ「行動経済学で読み解く金融市場の今」。第14回は、米国の長期金利の動向が日本株に及ぼす影響について。

 * * *
 日経平均株価が約30年ぶりに3万円の大台を超え、このまま高値で推移するかと思いきや、2月末から乱高下が続いている。2月の最終営業日の26日には1200円以上の大幅下落で2万9000円を割り込み、翌営業日の3月1日には697円高と大幅反発して2万9663円の終値を付けるも、それ以降は再び2万9000円を割る場面が度々見られる。

 大きな要因となっているのが、米国の長期金利(10年もの国債利回り)の動向である。今年1月末までは1%前後で推移していた長期金利が、ここ1か月で0.5%以上も急上昇し、2月26日(日本時間、以下同)には一時1.61%まで跳ね上がったこともあり、株価は急落。3月1日には1.4%台前半まで低下したことで株価は上昇に転じたが、その後、長期金利は再び上昇していることから、株価は下落基調となっている。日経平均が2万9000円を下回るのは2月5日以来であり、株価は約1か月分巻き戻された格好だ。

 金利が上がるとなぜ株価は下がるのか。株は値上がりが期待できる反面、値下がりリスクもある。投資金額(株価)に対してどれくらいの利益が期待できるかという「益利回り(1株当たりの予想純利益を株価で割ったもの)」を見ると、これまで勢いのあった米国株は総じて「株価収益率(PER、会社の利益などに対して今の株価が割安かどうかを見る指標)」が高く、株価は割高となっているため益利回りも低くなる。しかも、益利回りは期待値だが、金利は確定値であるため間違いなく受け取れる。そうなると、「益利回りが低い未確定のものよりも、相対的なリターンは低くても確実に受け取れた方が安全。金利が上がるなら株よりも債券を買いたい」という投資家が増える構図だ。

 米国債に資金がシフトすることで株は売り込まれ、特に世界経済の動向に左右され“世界の景気敏感株”といわれる日本株は、米長期金利が上昇すればすぐ売られる「ヘッジファンドのおもちゃ」と化し、金利に翻弄される構図となっているのである。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。