マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国株が高値更新 海外投資家は景気悪化を意識せず?

2016年8月17日 16:00

 本土投資家、香港市場における主要投資家である欧米機関投資家は、足元の景気悪化をさほど意識していないといえよう。

 そうした要因として、まず考えられるのは、各地の洪水の影響が深刻であり、また、一部の地域で高温酷暑となったことが挙げられる。民生部の発表によれば、全国で6000万人以上が被害に遭っており、直接的な経済損失は2000億元に達している。景気減速について、特殊要因があり、その分を差し引いて考える必要がある。

 また、統計の細かいところをみると、悪い中でも評価できる点がある。

 たとえば、サービス業、ハイテク産業の生産は増勢が続いている。投資では、エネルギー多消費産業の投資額は軒並み減少しているのに対して、ハイテク産業の投資の伸びは加速している。経済構造調整と経済のレベルアップが進んでいる。

 さらに、新産業の成長が加速している。純電気自動車(EV)などの新エネルギー自動車の生産、ネットショッピング売上は高い伸び率となっている。

 政府が力を入れている供給側改革では進展がみられる。石炭生産量、粗鋼生産量は減少しており、不動産在庫面積は5か月連続で下落している。6月末時点の一定規模以上工業企業の資産負債比率は56.6%で、前年同期比で0.6ポイント下がっている。供給側改革が進展しているから景気が減速しているのだといった見方もできよう。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。