マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国政府が「ビットコインを打ち砕く」宣言 仮想通貨に未来はあるか

2021年5月26日 7:00

ビットコイン価格急落の背景に中国の政策情報があった
ビットコイン価格急落の背景に中国の政策情報があった

 前週のビットコイン市場は、歴史的な“暗黒の1週間”となってしまった。週初と週末の価格を比較すれば、4分の1程度の下げかもしれないが、19日、21日にはボラティリティ(変動率)の大きな相場展開となり、数時間の間に多額の資産を失った投資家も少なくないようだ。

 価格急落の主な要因は中国政策情報の発表である。一つは、18日夜、中国インターネット金融協会、中国銀行業協会、中国支払決済協会が連名で発表した「仮想通貨(暗号資産)取引の投機リスクを防ぐことに関する公告」、もう一つは、国務院金融安定発展委員会が21日に開催した第51回会議の内容だ。

 特に後者は、金融行政のトップである劉鶴副首相が議長を務め、各部門の責任者が委員として参加する会議であり、今後の金融領域における重点業務が話し合われ、決定される重要な会議である。

 国務院の発表した文章には、会議のポイントとして以下の3点が記してある。

【1】実体経済に対してさらに一歩進んで良いサービスを提供する
【2】金融リスクを断固として防止しコントロールする
【3】改革開放を引き続き深堀する

 問題は【2】の「金融リスクを断固として防止しコントロールする」の部分だ。以下がその内容である。

 最低ラインをしっかりと意識したうえで、金融リスクについて全方位からチェックし、これまで以上に予防に務め、警告する。中小金融機構改革のリスクコントロールを推し進め、信用リスク低減に力を尽くす。プラットフォーム企業に対する金融活動の監督管理を強化し、ビットコインのマイニングや取引行為を打ち砕き、個別のリスクが社会全体の領域に伝わるのを断固として防ぐ。株式、債券、為替市場の安定を維持し、証券違法行為を厳しく罰し、金融違反犯罪活動を厳罰に処さなければならない。外部のリスク・ショックを厳重に防ぎ、輸入インフレに効果的に対応し、期待(経済用語上の“期待”)の管理、市場の監督管理を強化し、緊急対応や政策準備をしっかりと行わなければならない──。

 文言には“ビットコインのマイニングや取引行為を打ち砕き”と名指しで明言されている。“打ち砕き”と訳したが、中国語の原文では“打撃”といった動詞が使われている。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。