マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

もらい火でも隣家には1円も請求できないので保険で防衛を

2016年8月29日 11:00

自然災害も火災保険の特約でカバーできる!

 実は火災保険にはもうひとつ大きな役目があるんですって。それが自然災害による被害の補償。建物の火災保険は“家”の保険なので、火災を基本にさまざまな補償を追加できるのですが、これがかなり重要みたい。

「例えば、大雨で床上浸水などの被害にあった場合、水災補償をつけていれば補償してもらえます。昨年、茨城県常総市で起きた豪雨、洪水被害では、水災補償をつけていなかったために床上浸水の修繕費用に数百万円かかるケースが続出。ローンや教育費も抱え、途方にくれる人もいました」

 毎年どこかで豪雨の被害が出ていることを考えると、火事より水災の方が高リスク。一戸建てやマンションの下層階の場合、水災補償は必須ね。その他にも、風害や雪害、ひょう害も補償してくれるものもあるんですって。でも、そんなに入ったら保険料が高額になっちゃう。“安心”を買うのって大変…。どれをつけたらいいの?

「自宅地域のハザードマップや過去の災害を調べ、リスクの高いものに入るようにしましょう」

 なるほど。ちなみに、今入っている火災保険に水災補償をつけたい場合、途中から追加はできるもの?

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。