マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

もらい火でも隣家には1円も請求できないので保険で防衛を

2016年8月29日 11:00

 つまり、もらい火で自宅が全焼したとしても、隣家には1円も請求できないんです。え~!! なんか理不尽。でもお互い様ってことで、仕方ないの!? で、こういう時のためにあるのが火災保険ってわけ。

「万が一、自宅を失ったら経済的損失は甚大です。大きなリスクから暮らしを守るために、加入は必須です」

 友人宅の黒焦げになった壁も、火災保険で修繕費用がまかなえたそう。ホッ、よかった…。

 ちなみに、住宅ローンを組んでいる人は、ほとんどが契約時に火災保険に加入しているはず。賃貸の場合は大家さんが入っているのが一般的です。じゃあ、心配しなくていいのでは?と思った人、ここからが大切なポイント!

「建物を対象にした火災保険がカバーするのは、建物だけ。家具や家電が使えなくなった場合は、“家財の火災保険”じゃないと補償してくれません。加入していなければ、すべて自費で買い直すことに…」

 テレビや冷蔵庫、家具を買い直すとなれば、相当な出費。なのに、建物の火災保険は入っていても、家財には入ってない人がけっこう多いんですって。って、実は私もそう!

「住宅ローンの契約時に入るのは、建物の火災保険だけ。賃貸の人も、大家さんが入っているのは建物の火災保険のみなので、家財の火災保険は自分で加入する必要があります。家財を一度に買い直せば数百万円単位の出費になるので、家財の火災保険にも加入しておくべきです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。