マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

入居一時金1000万円の老人ホーム 半年で退去で500万円返却の現実

2021年6月4日 16:00

退去時に戻ってきたお金が少ない…(イメージ)
退去時に戻ってきたお金が少ない…(イメージ)

「終の棲家」として選んだはずの介護施設でも、そこで最期まで暮らせるとは限らない。千葉県の有料老人ホームに入居していた80代男性は、施設の“スペック”が合わなくなり、退去させられた。男性の長男(58)が説明する。

「父は嚥下能力が下がり、入居して半年で点滴(静脈栄養)が外せなくなりました。そうすると、『当ホームでは看られません』と言われ、退去することになってしまいました……」

 介護評論家の佐藤恒伯氏が解説する。

「『医療依存度が高くなる』、『認知症が悪化して問題行動が増える』といった場合に退去させられるケースがあります。

 有料老人ホームは、看護・介護スタッフどちらかを、入居者3人に対して1人の割合で配置することが義務付けられていますが、24時間看護師が常駐している施設は基本的に高級ホームです。一般的なホームでは看護体制が間に合わなくなり、退去させられることはよくあります」

 問題はそれだけではない。「返金されると思っていた入居一時金のほとんどが戻ってこなかった」と男性の長男が嘆く。

「入居一時金として父の虎の子の貯蓄から1000万円も払ったのに、戻ってきたのは500万円だけでした。入居してたった半年で半分も償却されるのは、納得がいきません」

 介護アドバイザーの横井孝治氏が解説する。

「入居一時金は『家賃(月額利用料)の先払い』という側面があり、安ければその分家賃が高くなり、高額なら家賃が安くなる。概ね5年間で入居一時金が償却されます。

 しかし、最初の3か月間で20~50%を償却するホームも多く、この男性のように“1年も利用していないのに、退去時に戻ってきたお金が少ない”というケースが少なくありません」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。