マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

60代女性記者が今も忘れられない名言「惚れた男には金を借りろ」の真意

2021年7月4日 19:00 女性セブン

借金はお金の行き来だけではない、高度な心の交流だという(イメージ)
借金はお金の行き来だけではない、高度な心の交流だという(イメージ)

 金の切れ目は縁の切れ目というが、お金の貸し借りに関するトラブルは尽きない。ましてや恋人同士の借金となると少々ややこしくなることも多い。女性セブンの名物記者“オバ記者”こと野原広子さん(63才)が、借金と人間関係について考察する。

 * * *
 彼氏から都合してもらったお金は「借金」か、それとも「贈与」か。まさかこんなことが国を挙げての一大事として、長々と話題になるとは誰が予想したかしら。言わずと知れたアノ問題だけど、「400万円って金額が、私らでもどうにかなりそうな額だから、つい熱がこもっちゃうのよね~」と、友人・Y子は声を弾ませるの。

 カンレキ過ぎると、若かりし日の男の話は“心の活性剤”なのね。昨日のことのように話したところで、娘や息子から反応があるわけではなし。本人だけ声のオクターブが上がって元気になるって、まぁ、安上がりなこと。

「男から借りたお金を返すバカがどこにいるのよ」と言ったのは、そんな1人、バツ2のE美(61才)だ。最近LINEで会話をすると、必ず武勇伝が出てくるの。しかも同じ話を初めて話すように声を潜めるのはご愛嬌かしら。

「私は絶対に返さないし、『返せ』なんて言わせない。そもそもそんなこと言う男とつきあわないもの」

 E美は長い間、都心で小さな飲食店を経営していて、資金繰りに困るとお金を出してくれる男がいたのだそう。

「ちょっと気まずくなったのは、数年前に店を閉じたときね。追加、追加で彼から借りたお金がン百万円。これが金輪際、返せくなるじゃない」
「どうしたのよ?」
「う~ん、これからもよろしくって言ったわよ」
「わかった! 寝たね」
「……ノーコメント」

 と言いつつ鼻の穴、広げないでくれる(笑い)?

 そんな折も折、コロナ禍で会うに会えなくなって1年半、気がついたら彼とは、LINEで奥様のグチを聞くオトモダチになっていたんだって。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。