マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

中尾ミエ、70代で水泳や俳句など趣味を満喫「広く浅くでいいじゃない」

2021年7月6日 7:00

多くの趣味を満喫している中尾ミエ
多くの趣味を満喫している中尾ミエ

 コロナ禍でおうち時間が増えたいま、趣味や学びへのニーズが高まっている。趣味を持つことで、生きがいを感じるようになった人も多いだろう。多彩な趣味を持ち、人生を謳歌している歌手の中尾ミエ(75才)に話を聞いた。

 日本語版ブロードウェイミュージカル『ピピン』(2019年上演)では、当時73才にして、空中ブランコに乗りアクロバットを披露した中尾。

「来年、再演が決まっていて、もちろん逆さ吊りで歌う場面もあります。おそらく私、最高齢の空中ブランコ乗りじゃないかしら」と笑う。

 中尾のパワフルさは仕事にとどまらず、趣味の多彩さにも発揮されている。特に、50才から始めた水泳は、ほとんど泳げない状態から始め、1年後には「ウーマンズ・マスターズ水泳競技大会」(18才以上上限なしの女性が競う大会)に出場。年々記録を伸ばし、世界大会にも参加するほどになった。

「大会を実際に見て、『私も出たい!』と思い、コーチについて特訓しました。私は目標があると頑張れるタイプなの。水泳は全身運動だから体にいいし、リゾートホテルのプールで優雅に飛び込んでみたいという願望もありました(笑い)」(中尾・以下同)

 多くの趣味を持つようになった動機は何なのだろうか?

「体が動くうちに楽しめることはやっておきたいと思って。“そのうちに”なんて言っていたら、間に合わないから」

仲間と一緒にどんどん新しいことに挑戦

 趣味を満喫する背景には、仲間の存在が大きいと言う。

「私がやってみたいことを『じゃあ一緒に習おう』といって20人くらいでやっているんです。最初は水泳、次は料理、水彩画、書道、フラワーアレンジメントもやったわね。水泳以外は、3年くらいで『はい、次』と、新しい習いごとに変えていくんです。趣味を続けるのも、やっぱり仲間が必要です。励ましたり、褒めてもらったりすると、頑張れるんですよ」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。