マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

妻に「安月給」と言われる夫の胸中 奮発どころか傷ついてプチ家出も…

2021年7月15日 16:00 マネーポストWEB

夫に「安月給」は禁句?(イメージ)
夫に「安月給」は禁句?(イメージ)

 日本人の給与が伸び悩んでいる。国税庁の民間給与実態統計調査によれば、2019年の平均年収は436万円(男性540万円、女性296万円)で、2018年に比べ4万3000円の減少となっている。新型コロナウイルス感染拡大の影響が出始める2020年分はさらなる低下が予想されるが、そうした中、妻から「給与が安い」と言われてしまった夫たちがいる。妻から突きつけられる非常な一言に夫は何を思うのか――。

 印刷会社に勤める30代男性・Aさんは、月給25万円ほど(手取り、以下同)で、年収は約400万円。「毎月の給料日が苦痛で仕方がない」という。妻から「今月も支払いで給料が全部飛ぶね。安月給どうにかならないの?」といった、愚痴というよりは“説教”が始まるからだ。

「別に仕事をサボっているわけではないのに文句を言われたら、そりゃあ虚しさを感じますよ……。私だっていろいろ言いたいことがあるのをぐっとこらえ、『安くてごめんね』と言うと、妻は『謝るぐらいなら行動してよ』と怒ります。このやりとりが繰り返されるため、あまり家にいたくない。在宅勤務の時は地獄でした……」(Aさん)

 Aさんも、今のままでいいと思っているわけではなく、転職も考えている。コロナ禍で会社の業績が悪化する中、自身の年齢も考慮すると、そろそろ正念場だと感じているという。だが、一歩を踏み出せないのには理由がある。最近、妻からこんな言葉を浴びたからだ。

「実は私の友人が妻の元カレで、大手企業の社員。妻は『こんな未来になるなら○○(元カレ)と結婚すれば良かったと』とボソッと言ったんです。僕がそういう言葉に『負けられない!』と奮起できるタイプならいいんですが、残念なら真逆。やる気が失せ、5日間ほどプチ家出をしたうえ、家でも必要最低限の応答しかしなくなりました。妻は『私も仕事を増やすから……』と謝ってくれましたが、元カレのところに行きたければ勝手に行け、という感じです。どうしたらいいでしょうか」(Aさん)

定職があるだけ感謝しないといけないのに…

 メーカーに勤める40代男性・Bさんは、6年前の転職を機に給料がダウン。月約30万円あった給料は、約22万円にまで低下した。そこに新型コロナウイルスの影響によるボーナス20%カットが追い打ちをかけた。妻もパートで月7万円ほどの収入があるが、3歳になる子どもの将来を考えて、副業も視野に入れている。そんな時、妻からこんな言葉を浴びせられた。

「40歳でこの額、情けないと思わないの? それに家事も子育ても全部私。精神的にも体力的にもつらい。専業主婦の○○ママ(妻ママ友)がうらやましい」

 Bさんは、「俺だってつらいんだから文句言うなよ」と怒ってしまったそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。