マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

妻に「安月給」と言われる夫の胸中 奮発どころか傷ついてプチ家出も…

2021年7月15日 16:00 マネーポストWEB

「私なりに家事や育児に参加しているつもりですが、『なんだかんだ女がやる羽目になる』というのが妻の主張です。もちろん、私に足りない部分があれば改善したいと思いますが、夫に『給料安い』、『他の家庭がうらやましい』と怒りをぶつけるのは、妻としてどうかと思います。私は真面目に働いていますし、このご時勢、定職があるだけでも感謝しないといけないのに……」(Bさん)

 IT企業で働く30代男性・Cさんの年収は約500万円。共働きで20代の妻の年収は280万円ほどだ。Cさんも妻も「そろそろ子どもが欲しい」という共通認識があったが、妻は夫の年収に不満を抱いていた。

「『今のままの年収だと、子ども生まれたら生活厳しくなるね。子どもには小学校から私立に行かせたいから頑張って』と言われました。妊娠・出産・育児のことを考えると、私の収入だけで食べていけるようになるのが理想のようです。自分の収入は、生活費ではなく旅行や子供のお稽古ごとなど、“プラスアルファ”用にとっておきたいとかなんとか。確かに同世代で1000万円以上稼いでいる人もいますが、人と比べてもキリがないし、500万円はそれなりではあると思っています。もやもやします」

 家族のために真面目に働いている夫にとって、妻の口から出る「安月給」という言葉は、想像以上に苦しみをもたらしているのではないだろうか。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。