キャリア

クラスのいじめっ子がピタリといじめを止めた「パンツ事件」の謎

いじめられた側の心の傷は簡単には癒えない(イメージ)

いじめられた側の心の傷は簡単には癒えない(イメージ)

 日本選手のメダル獲得数だけを見れば大成功だった東京五輪だが、あまりにもトラブルが多かったのは消せない事実。特に大騒ぎになったのが、開会式の楽曲担当ミュージシャンのいじめ騒動だ。これは、過去のインタビューのいじめ告白が蒸し返されたものだったが、いじめられた経験を持つ者にとっては、その被害の傷は一生モノだ。

 都内に住む会社員のYさん(40代男性)は、恩師の葬儀に出席した際、シビアな現実を目にした。

「数年前、高校時代にお世話になったH先生が亡くなり、葬式に行くと、同級生が何人か来ていました。葬儀後軽く一杯飲むことになりましたが、気になったのはそのメンバーです。その中にはクラスの番長的存在だったKと、KにいじめられていたSがいたのです。

 内心ヒヤヒヤしていましたが、卒業から20年近く経っており、場は和やかに進みました。お酒が入ると口も軽くなり、誰かが『KとSが一緒に飲んでるなんて信じられない』と言うと、Kは頭を下げて過去の行動を詫び、Sも『昔のことだから』と笑みを浮かべたため、自然と全員から拍手が沸きました。

 しかし帰る方向が一緒だったSと電車で話していると、Sは忌々しげに『一生会わないと思ってたのに……』『許すわけがない』『あの場でモメたらH先生に申し訳ないから』と言い、『本当は殴りたかったけど、あんなヤツは殴るにも値しない』と吐き捨てました。私はノンキに拍手したことを謝りましたが、Sの心の傷を思うといたたまれなくて……」(Yさん)

 これだけ声高に問題が語られながら、どうしてもなくならないいじめ問題。都内の小学校で教壇に立つOさん(40代男性)が、近年のいじめの傾向について語る。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。