マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

家計の節約に「ノーマネーデー」実践の効果 浪費のくせが丸わかり

2021年9月18日 7:00 女性セブン

週に一度の「ノーマネーデー」を作るだけで浪費改善に
週に一度の「ノーマネーデー」を作るだけで浪費改善に

 お金を貯めたければ、必要最低限の出費以外は、お金を使ってはいけないのは当然のこと。でも、毎日買い物に行くたびに1円でも安いものを選んでいるはずなのに、なぜかお金が貯まらない……。それもそのはず。そもそも「毎日買い物に行く」こと自体が、あなたを浪費体質にしている一因かもしれない。

 そうした中で、最近話題の節約術のひとつが「ノーマネーデー、略してNMD」だ。その名の通り、「1円もお金を使わない日」のことだ。その日は現金はもちろん、クレジットカードや電子マネー、ポイントなどによる支払いを一切しないのがルール。

 それも“たまたま使わなかった”ではなく、意識して続けることで、浪費の改善と貯蓄に効果てきめんだという。(「ノーマネーデー超実践術」全3回の1回目)

コーヒーのために毎日300円も使っていた

 夫婦で貯金0円から5年間で1000万円の貯蓄に成功した『貯金0円からのゆきこの貯まる生活』の著者で、3人の子供を育てるワーキングママのゆきこさんも、結婚当初は夫婦そろって浪費家だったという。

「もともとの食費は、夫婦2人で月7万~8万円もしていました。週末のたびにショッピングモールで外食していただけでなく、ムダ遣いばかりしていました。私は毎日スーパーに立ち寄ってあれこれ食材やお菓子を買い込み、夫は仕事帰りにコンビニに寄って、お酒やつまみを買ってくるのが習慣でした。

 6年前、妊娠を機に“これではまずい!”と家計を見直し、NMDを実践してみたら、1年ほどで食費や日用品費が半分に減りました。いまでは5人家族で、食費は月2万~3万円です」

 家計再生コンサルタントの横山光昭さんは、毎日買い物をする習慣がある人には完璧主義者が多いと話す。

「食材が1つでも足りないとすぐスーパーに行くなど、買い物の頻度が高いと、“足りなくなったら困るから”と、本当はなくてもいいものまでついで買いしやすい。そこで、買い物の回数を減らすために、あらかじめお金を1円も使ってはいけない日をつくるのです。多くの場合、週に1日からでいい」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。